こやつは上様ではない

その金さんとやらを呼んできてもらおうじゃねえか

ダイエットで欲張らないために

      2016/07/07

ダイエット系の投稿が続きますが、昔iPodtouchでつけていたダイエットの記録が出てきました。グラフを上げて励みにします。

IMG_20160530_144928

(クリックで拡大)

2012年4月半ばに81kgぐらいあったのが、7月には74kgまで減っています。1カ月に2~3kgぐらいのペースですね。

カロリー以外のことは無視する

ところで、ダイエットする時は、三大栄養素の割合とか、塩分とか、カロリー以外の要素はとりあえず忘れてしまった方がいいです。

ダイエットは極めて健康的にやらなければならない、ということはないです。欲張って塩分や筋肉量、なんて気にしていたら、カロリーのコントロールが難しくて嫌になってしまいます。

逆に、アレも気にして、コレも気にして、とやっていると、結局カロリーコントロールがうまくいかなかったりします。

塩分の摂り過ぎは長く続けたらいけません。でも欲張って薄味の食事も心がけてより健康に、とか思っていると、物足りなくて食べ過ぎたりするんですよね。

なので、減量で頑張っているんだから、ちょっとぐらい濃い味の物を食べてもいいじゃないか、と開き直って、カロリー以外は野放図に摂取していい、ぐらいに構えておいた方がいいです。量食べられなくても、濃い味のものが食べられる、って考えたら頑張れるじゃないですか。

それまで好き放題飲み食いしていた人が、いきなり修行僧みたいな食生活にしても絶対にうまくいきませんからね。

たんぱく質の割合を大きくするのも大切なことではありますが、カロリーの摂取量が最優先。今日は甘い物が食べたい、と思ったら炭水化物ばっかりでもいいんじゃないかと思います。脂っこいものが食べたいなら、脂肪分でも。まあ、脂肪分ばかりというのは味覚的にもシンドイかとは思いますが。

栄養のバランスまで考えていると、ちょっとたんぱく質が足りないからアレも付け足しで食べて、みたいな発想に陥ってカロリーオーバーしてしまいます。なので内訳は無視してしまうのがいいです。

カロリー制限がうまく行けば、他もすぐにコントロールできるようになる

そして、いつまでも不摂生で体を壊してしまうんじゃないかと心配な人も安心してください。

ダイエットが軌道に乗り始めてくると、カロリーをコントロールしながら、塩分やバランスのことまで考える余裕がでてきます。最初だけです。

まずは他を度外視したカロリーコントロール、この習慣を身につけましょう。

 - 健康 , ,