こやつは上様ではない

その金さんとやらを呼んできてもらおうじゃねえか

ポケモンGO よいこのおやくそく(子供のためのpokemonGO注意事項)

   

きみの住むまちでポケモンをゲットできるゲーム『ポケモンGO』がもうすぐ遊べるようになるよ。とっても楽しみだね!

でも、注意して遊ばないと、あぶない目にあってしまうこともあるんだ。

歩きながらゲームをするとあぶないぞ

『ポケモンGO』は、外で遊ぶゲームだ。道路を歩いているときにポケモンを見つけたりすることもあるよ。

でも、スマートフォンの画面を見ながら歩いたり、道路のまんなかで立ち止まってポケモンを捕まえようとするのはやめよう。橋から落ちたり、車にはねられたりしてあぶないぞ。

ポケストップでアイテムをゲットするときも、ジムでバトルするときも、立ち止まって、車や人のじゃまにならないか確かめてからにしよう。

きみの名前やおうちが知らない人にバレてしまうぞ

ポケモンGOは、子どもからおとなまで、きみのしらない人たちもたくさんプレーするんだ。そのなかには、いい人もいればわるい人もいる。

トレーナーに名前をつけるとき、きみの本当の名前をつけてしまうと、わるいトレーナーにそれを知られてしまう。ゲームの主人公には、本当の名前が分からない、別の名前をつけて遊んだほうが安全だぞ。

さらに、ポケモンGOで遊んでいると、きみが今どこにいるのかが分かってしまうことがあるんだ。

たとえば、ポケストップにディスクを入れると、だれが入れたディスクなのかが他のトレーナーにも分かってしまうよ。

また、家からジムが届くからといって、いつもポケモンを置いたり、バトルで倒されたらすぐにまたポケモンをおいたりすると、近くに住んでいることが分かってしまうんだ。

ジム戦で負けたのがくやしくて、きみを待ち伏せしたり、家にいたずらをしたりする悪いおとなもいるので、知らない人に家の場所がバレないように気をつけよう。

記念写真も気をつけないといけないよ。バトル中に撮ったポケモンの写真をインターネットに載せると、後ろに写っている景色から、どこでとったのかが分かってしまうこともあるからね。

きみが載せた写真を勝手に使って、落書きをしてインターネットにばら撒いたりするいじわるなおとなもたくさんいるので、写真は家族や友だちに見せるだけにしておこう。

知らない人にいたずらされたり、連れていかれたりするぞ

ポケモンGOで遊んでいると、きみと同じでポケモンGOで遊んでいる人と出会うことがあるかもしれない。

年が同じくらいなら友だちになるかもしれないね。でも、おとなのお兄さんやお姉さん、おじさんやおばさんの中には、ポケモンGOを使って、きみたちに近づいて、悪いことをしようとする人もいるので気をつけよう。

おじさん、でんせつのポケモンをもっているんだ。みせてあげるからこっちにおいでよ」などとさそわれても、ぜったいについていってはいけないよ。

お父さんやお母さんにないしょでコインを買ってはいけないぞ

ポケモンを捕まえるにはモンスターボールが必要だけど、ポケストップでゲットできる分だけでは足りなくなることもあるよね。

そんなとき、ショップでは、コインを使ってモンスターボールや便利なアイテムなどを買うことができるんだ。

コインはゲームの中でも少しもらえるけど、たくさん買いものをしたい時は、ほんもののお金を使って、買うこともできるようになっている。

でも、コインを買うときは、お父さんやお母さんに聞いて、許してもらってからにしよう。

つかったお金がほんの少しでも、お父さんやお母さんにはぜったいにバレるよ。

それに、ほんのすこしだけなら大丈夫、とコインを買っているうちに、いつのまにかとてもたくさんのお金を使ってしまうおとなもいるんだ。

たくさんお金を使い過ぎると、ものすごく怒られるだけじゃなくて、もうおこづかいもお年玉ももらえなくなったりするので、コインをかってに買うのはぜったいにやめよう。

バトルが終わったら友だち!

ジムでバトルしていると、相手のトレーナーとちょくせつ会うこともあるかもしれない。

負けるとくやしいけど、怒って本当のバトルをするのはぜったいにやめよう。

勝ったほうが、負かした相手をバカにしたりするのもいけないよ。

バトルが終わったら友だちなのは、今までのポケモンのゲームと同じだね。

でも、おとなのトレーナーのなかには、負けるとすごくくやしく感じる人もいるんだ。

とつぜん怒りだしたりしたら、近くのお店に逃げ込んだり、別の大人に助けてもらおう。

 

 - エンタメ , , ,