こやつは上様ではない

その金さんとやらを呼んできてもらおうじゃねえか

即日交付署で運転免許を更新してきた

      2016/12/09

今日は免許証の更新に行ってきました。痛恨の青切符で一度は手放したゴールド免許でしたが、今日からまた優良運転者に復帰ですw

他の都道府県は分からないんですが、神奈川県には即日交付署という、免許更新の手続きをしたその日に、新しい免許証をその場で受け取ってこれる警察署が各地域にあるんですよ。

優良運転者などが即日交付を利用できる

誰でも利用できるわけではなくて、優良運転者、いわゆるゴールド免許になる人が利用できます。

他に、高齢者運転講習を既に受講した人や、そ更新時講習又は高齢者講習が免除になる人(運転免許取得者教育、特定任意高齢者講習等を受けた人)なんかも即日交付を利用できるみたいですが、まあ僕にとってはまだ先の話ですね。

即日交付署はこんなメリットが

即日交付を利用すると、色々メリットがあります。

まず当たり前ですが、すぐに新しい免許が手に入るということ。最寄りの、普通の警察署で手続きをすると、新しい免許証は後日書留で郵送されてきます。

まあ後日郵送でも、留守で受け取り損ねた時に郵便局に再配達の連絡をしなくちゃいけない、とかそんな程度の手間ですけどね。その日のうちに持って帰れるほうが楽なのは確かです。

次に、証明写真を持っていかなくてもいいということ。即日交付署には写真を撮影する機械があるので、証明写真を用意する必要はありません。

証明写真って何気に割高じゃないですか。7、800円くらいかかりますよね。これが丸々浮くわけです。

デメリットもある

もちろんデメリットもあります。各地域に1つしかないので、最寄りの警察署よりは遠い、ということです。

即日交付署まで行くとかなり時間がかかるという人や、交通費がかさんで証明写真代の方が安い、という人は、メリットはやや薄いかもしれませんね。

僕の地域の即日交付署は鎌倉警察署です。自宅からは自転車で片道1時間弱ですから、まあサイクリングには程よい距離です。

鎌倉警察署に到着。駐輪場もあった。

%e9%8e%8c%e5%80%89%e8%ad%a6%e5%af%9f%e7%bd%b2

さあ着きました。全然関係無いですが、先月、ももクロのあーりんが一日警察署長をして、たいそうな混雑だったそうです。

駐輪場があるかどうか心配だったんですが、一般来客用の駐車場内に駐輪場もあります。公共機関って、意外と駐輪場は適当だったりするんですが、ここはしっかり用意されているので、自転車で行く方は安心して下さい。

手続きはスムーズ

中に入ると、すぐ左に交通安全協会の窓口があるので、ここで収入証紙を買いましょう。3000円です。窓口の人も、もうそれ専門の人なので迷うことはないでしょう。

証紙を買ったら、奥に免許の手続きをする窓口があるのでそちらへ。少しでも分からないという素振りを見せると、職員が寄ってきて指示してくれるので、それに従っていれば手続きはスムーズに進んでいきます。

書類に必要事項を記入して、視力検査をしたら、次は写真撮影です。ちなみに撮影した写真は確認することができます。面倒なので僕は確認しませんでしたが。仕上がった免許証の顔写真は思ったよりいいですね。やはり機械が撮るより、人の指示で撮った方がいい写真になりますね。

写真撮影が終わったら、講習の時間まで少し待ちます。

優良の講習は終始和やか。時間も短い

優良運転者講習はおおむね30分。20分くらいビデオを観て、講師の解説を10分ぐらい聞いたら終了。

講習と言えば、初回の講習の時は、確か違反者講習と一緒だったんですが、不真面目に聴いていたらしき人を講師が一喝してたんですよね。激昂して、すぐに元のトーンに戻ったのが印象的だったんですが、あれはマニュアルにあるんですかね。

その後はピリッとした雰囲気で講習が進んで、それまでケータイ(当時はスマホなんて無かった)いじくってた人も背筋を伸ばして聴いていたので効果てきめんだった訳ですが、それだけに「毎回誰かが生贄にされる儀式みたいなものなのかな」とか勘ぐっちゃいましたね。

初回講習で見せられたビデオは凄惨な事故現場遺族の悲痛な嘆き加害者の家庭が崩壊するドラマなど、衝撃的な内容ですが、優良運転者講習は、見せられるビデオもマイルドです。

運転中見落としがちなポイントを教示する内容で、安全運転をしよう、という心構えが出来ている人にはこちらの方が有益だな、と思いました。一応ちゃんと考えられてるんだなーと感心した次第です。

「年老いた親の運転を止めたい」と相談している人がいた

余談ですが、講習を待つ間、同じく講習待ちの男性が、職員に「年老いた親が運転するのを止めたいのですがどうすればいいのか?」と相談してました。職員の説明によると、運転免許に関しては、本人に返納の意思が無いと厳しいみたいです。

住んでいる場所にもよりますが、鎌倉だと起伏も激しいし、車が使えなくなると買い物もままならないでしょうから、免許を手放したくないんでしょうね。

家族に送り迎えしてもらうにしてもそれなりに気を遣うし、公共機関だっていつも都合のいい時間に走ってるわけじゃないですからね。

認知症なら免許を返納してもそのこと自体を忘れて(家族の車があれば)運転しちゃいそうだし、正直この問題はコレだ!という解決策はなかなか思いつかんですね。

安易過ぎるかな、と思いつつ、自動運転という、技術の進歩がすべてを解決してくれるのではと期待しているのですが。

 - 生活 ,