こやつは上様ではない

その金さんとやらを呼んできてもらおうじゃねえか

意外にさっぱり!マックの新作「しょうが焼きバーガー」早速食べてみた

   

ありそうで無かった「生姜焼きバーガー」がマクドナルドに登場したということで、早速食べてきました。

ちなみにマックではヤッキーという愛称を猛プッシュしていて、ハンバーガーの包み紙にまで「プリーズコール・ミー」とか言って「ヤッキー」と呼ばせにかかってますが、普通に「生姜焼きバーガーで」と伏し目がちに注文しました。「ヤッキー1つ」とか頼む人はどれぐらいいるんでしょうね。実はカウントしてたりして。

「照り焼きっぽいの」を想像していたが違った

包をあけてみるとこんな感じ。全部広げちゃうと、中身のまとまりが無くなりそうなので全貌はご勘弁をw

和風、甘辛い、豚肉パテ、というテキストだけ見ると、てりやきバーガーとほぼ同じなんですよね。だから、てりやきバーガーみたいなのが出てくるんでしょ、と思ったんですが、似ているようで別のハンバーガーでした。

ソースは甘辛いんですが、てりやきバーガーほど濃くない。あと、マヨネーズも無いので、非常にサッパリしています。ソースの量自体もてりやきほどベッタリついているわけではないんですね。上からバンズ、生姜焼きソース、野菜(レタスと玉ねぎ)、パテ、バンズの順にサンドされているんですが、ソースが控えめな上に、野菜が間にあるので、パテもあっさりした味になります。

ところで、ソースと肉が遠めに配置されているので、1口目はソースが届かず「味のついていない肉」になってしまいました。これは、そういうコンセプトなんですかね。それとも、発売初日ということで店員さんが慣れていないということなんでしょうか。まあ大して気にはなりませんけど。

あと、重要なポイントが1つ。生姜焼き、ってこんな味だったっけかな??生姜焼き、というほど生姜焼きな味ではないような気が……まあ美味けりゃ別にいいんですけどね。

玉ねぎがピリッとするので、小さな子は少しだけ注意

玉ねぎはピリッとするので、まあ「辛い!」と感じるほどではないですが、小さな子で辛いのが苦手なら、事前にピリッとする、ぐらいは教えてあげた方がいいかもしれません。まあ他のハンバーガーにも使われているあの玉ねぎなので、普段それを食べている子なら大丈夫でしょう。

というわけで、この「しょうが焼きバーガー」、てりやきのようでいて、実はあんなにコッテリしておらず、非常にあっさりした味でした。全体的に重めのマクドナルドのメニューの中にあって、このサッパリバーガーはちょっと新鮮に感じるんじゃないかと思います。値段も単品で200円とお手頃だし、よくマックに行く、という人は、ローテーションに入れると、胃袋をいたわることができるんじゃないでしょうか(若干、だとは思いますが)。

セットで注文して、ポテトを大学いも風味にするとかなり和風になるのでは

今回は頼まなかったんですが、今ちょうどポテトを大学いも風味にするソースもリリースされてるんですよ。セットメニューには+60円でつけられる、ということなので、こちらも注文すると、かなり和風なメニューになって、結構合うと思います。ただまあ、ポテトはただでさえカロリーがすごいのに、甘いのかけちゃうわけですからね。それなりに覚悟が必要かもしれませんがw

 - 食欲 , , ,