こやつは上様ではない

その金さんとやらを呼んできてもらおうじゃねえか

禁断の追い銀シャリ!?「カップヌードル ぶっこみ飯」食べてみた

   

僕はやったことないんですが、カップラーメンの麺を食べた後、ご飯をぶち込む文化があることは知っていました。

日清カップヌードルの新作は、そんな食べ方ができる「カップヌードル ぶっこみ飯」です。

ご飯のみで麺は無し


リリースでは麺+ご飯なのかな、と思ったんですが、どうやらご飯だけですね。僕のなかでは、あくまで麺あっての追い銀シャリだと思うので、これはちょっと拍子抜けでした。

とはいえ、麺もご飯も、となるといくら美味しくても食い過ぎなので、それぐらいで我慢しとけよ、という日清の優しさなのかもしれません……w

かやくはカップヌードルと同じ。刻みネギ、謎肉、海老、たまご。スープも醤油ベースで、これまたカップヌードルと同じです。とにかく、麺をご飯にそっくりかえただけですね。

容器は幅広で背はやや低め。BIGと比べるとその差が分かります。待ち時間が5分と少し長めなのも、この特注容器も、麺ではなくご飯を蒸らすための工夫でしょうか。

意外とさっぱりしている

さあ出来上がりました。ご飯は麺ほど膨れないのか、沈んでいるので「残ったスープ」な感じがよく出ています。後述しますが、これはもっと長く待った方がいいですね。

そして、スプーンやレンゲが無いと食べづらいです。出先で食べるのであれば、割り箸ではなくスプーンをもらった方がいいかもしれません。

ご飯はレトルトなのでパラっとしています。スープと合わせて食べると、サラサラしていて喉ごしがよい感じ。カップヌードルのフライ麺よりも、こちらの方がさっぱりしてますね。ガッツリ食べたい人は若干物足りないかもですが、それなりにパンチが効いていて、かつ軽めの食事をとりたいという人には、ちょうど良いクドさだと思います。

長めに待ったほうが美味しいと思う

そして8分くらい経つと、だいたいこんな感じになります。
5分だとご飯にスープが若干なじんでいなかったんですが、少し長めに待つと、しっかりと吸い込んでいい感じになります。ただ、5分でも結構長いので、さらに、となると……やはり温かいうちに食べたいですから、その辺のバランスも難しいところではあります。

ともあれ、僕はやっぱりカップヌードルは麺のほうがいいですねw
お値段もヨーカードーで213円(税込)とお高めなので、普通にカップヌードルを買って、追加で塩にぎりやレトルトのごはんでもぶち込んだ方が満足度は高いと思います。

 - 食欲 , , ,