こやつは上様ではない

その金さんとやらを呼んできてもらおうじゃねえか

具はふりかけのみ!「えび満月味 焼きうどん」食べてみた

   

「えび満月」が大好きなんですよ。芳しい磯の香り、エビの旨み、シンプルな塩味、サクッと軽い食感、もう全てが僕の好みにピッタリハマっていて。家でお酒飲む時は、大抵えび満月を用意してますね。

そんなえび満月を焼きうどんにしたのが、このエースコック「えび満月味 焼きうどん」です。少し前に発売されて気になっていたんですが、今日ようやくお店で見つけて買ってきました。203円(税込)です。

「えび満月」や「えびみりん焼」でおなじみの三河屋製菓が監修ということで、かなり期待しているんですが、お味はいかがでしょう。

具はふりかけのみ!のシンプル構成

開封してみて驚いたんですが、「かやく」が一切入っていないんですよ。

小袋は「だし風調味料」と「ふりかけ」の2つだけ。実はもう1つ袋が入っているんじゃないかと、乾麺を出して底を確認しちゃいました。まあ蓋に”袋は2つ”って書いてあるんですけどね。

焼きうどんということで麺は太麺待ち時間は5分です。この5分で蒸らすのは麺のみ。かやくを一切蒸らさないカップ麺って、僕の記憶ではちょっと無いですね。

ふりかけに「えび満月」のすべてが入ってた

さあ5分経ちました。だし風調味料とふりかけをかけます。このふりかけが、かなり「えび満月」ですね。まあ確かに、えび満月の具はエビと海苔なわけですから、ふりかけで充分です。立ち込める湯気は、あの「えび満月」の磯の香りです。あおさのりとエビの入り混じったあの磯の香り

クタクタした具が無いので、味が引き締まる

焼きそばにしろ焼きうどんにしろ、カップではない本物の場合、具がベッチョリしていると美味しくないんですよね。

カップの焼きそば、焼きうどんもその点は一緒で、水っぽいと味がぼやける。なので、水切りはしっかりとやるわけです。

でも、カップ麺の加熱はお湯に浸す「茹で」なので、どうしてもキャベツなどの具がクタクタになってしまう。水分もいっぱい吸ってるので、ソースなどで味付けした時に、浸透圧で水がにじみでてきちゃうんですよ。

カップの焼きそばや焼きうどんの弱点はそこなんですが、この「えび満月味 焼きうどん」は、かやく無しのふりかけのみですからね。多少の水を吸ってもエビはパリパリ。具に含まれた水分がにじみ出て、味が薄まるということもありません。

というわけで、一般的なカップ焼きそばやカップうどんに比べると、味がはっきりしてますね。

で、どんな味かというと、これはもう「えび満月」そのまんまです。まあ、もともとえび満月にはこの具が入っているわけですから、味が全く同じなのは当たり前なんですが。

いやー、この「えび満月味 焼きうどん」、僕みたいなえび満月大好きっ子は絶対食べた方がいいです。別にえび満月大好き、って訳じゃない人も、シンプルに磯風味に味付けされたカップ焼きうどんとして美味しいので、ぜひ1度食べてみてください。

三河屋 えび満月 80g×12袋
by カエレバ

 - 食欲 , , ,