こやつは上様ではない

その金さんとやらを呼んできてもらおうじゃねえか

実食!エースコック「焼きそばモッチッチ」は本当にモッチッチなのか?

      2017/08/23

本日発売のエースコック「焼きそばモッチッチ」。「真空仕立て麺」という製法?を使って、あの家や屋台で作る、生麺タイプの焼きそばのような食感を再現したとのこと。早速入手してきました。

焼きそばモッチッチ(エースコック)

本当のこと言うと、同じく今日発売のカップヌードルのそうめんを探していたんですが、どうやら近所のスーパー各店ではまだ入荷していないようで、予定を変更してこちらの「焼きそばモッチッチ」を買ってきたんですよ。カップヌードルのそうめんは、明日以降におあずけ、という感じです。

すでにかやく入り。待ち時間は5分と長め

早速中身を見ていきましょう。かやくはすでに入っています。みたところキャベツしか入っていないようにも見えます。キャベツは多めですが、かやく全体の量は抑え気味ですね。

待ち時間は5分とやや長め。モッチリさせるためにはやむを得ないですね。いつも気にしていないんですが、待ち時間が長いタイプのカップ麺って、かやくの固さも調整しているんですかね?3分と5分で同じかやくと使ってしまうと、蒸しあがりに差がでそうな気がするんですが。

ソースは液体。ふりかけは鰹節ベースで紅しょうが多め

生麺タイプといえばジョリジョリした粉タイプのソースなんですが、この「焼きそばモッチッチ」は液体ソースです。

蒸しあがった麺が、上のようにモッチリであるがゆえに若干団子気味になっていたんですが、液体ソースが潤滑油になって、かき混ぜるうちにほぐれていくんですね。

粉タイプだと、団子化に拍車がかかっていたでしょうから、液体ソースが正解だと思います。

一般的なカップ焼きそばだと、具が多めで水切りし辛いタイプなどは、粉タイプの方がいいな、と思う時もあるんですが。

 

ふりかけは、かつお節の粉末がメインで、青のり、紅しょうが等は入っています。ソースの味を、和風のやさしい旨みで包むとともに、紅しょうがの香りを湯気にのせて、鼻を刺激してきます。

予想をはるかに上回るモッチリだった

かき混ぜている段階で、すでにモッチリ具合が箸を通じて伝わってきます。コシが強い。たしかに生麺タイプの焼きそばのような感触です。食べてもやはり、屋台の焼きそばのように、歯を押し返してきます

普通のカップ焼きそばだと、ひとすくいでここまでつながる、ということは稀なんですが、モッチリして麺同士がよく絡み合うので、たくさん掬えてしまうんですよ。弾力性も手伝って、重みも感じます。このエースコック「焼きそばモッチッチ」は、予想していたよりずっと”モッチッチ”でした。

欲を言うと、具がちょっとさみしいです。これだけモッチッチで、生麺タイプに近い食感をしていると、やはり具もそれなりに多めじゃないと、物足りなさを感じてしまいます。

で、味ですが、先程も触れましたが、ソースの甘味や塩気の他、和風のやさしい旨みを感じます。が、他のカップ焼きそばとは劇的に味が異なる、というほどではないです。ちょっと口当たりがやわらかで、普通に美味しい、という感じですね。

出先でモッチリ焼きそばを食べたい場合はアリ

ただこれ、待ち時間5分ですよね。具もキャベツ1種類。家で食べるとしたら、僕的にはどうかな、という感じです。

というのも、袋入りの生麺タイプの焼きそばも、5分あれば余裕で作れちゃうんですよ。具を欲張って、火の通りが遅い人参とかを使わなければ。

麺をフライパンで熱しつつ、キャベツを剥がして洗って切って、さっと炒めてソースを絡めて、皿に盛り付けて、フライパンを洗う、だいたい5分で終わります。なんならもやし薄切りの肉なんかも追加できる。

普通のカップ焼きそばは、生麺タイプには無いジャンクな魅力があって、ほとんど別物の料理として好きだからバッティングしないんですが、この「焼きそばモッチッチ」は、モッチリの再現性が高いがゆえに、良くも悪くも同系統の料理になってしまっているんですね。なので、家で食べるのであれば、僕は袋入りの生麺タイプの焼きそばと、もやしその他、火が通りやすい具をいくつか買ってきて、速攻調理して食べます。5分って、何かしてると短いんですが、お湯を注いで待つには結構長いんですよ。

もちろん、出先で焼きそばを調理するのは不可能なので、家以外でモッチリした焼きそばを食べたいのであれば、この「焼きそばモッチッチ」は充分満足できるクオリティです。箸でつまむとグイグイと押し返してくるこの感触は、カップ焼きそばでは味わえない、なんとも言えない魅力があります。

あと、調理ができない状況で、災害向けの備蓄品として、ストックしておくのはアリだと思います。非常食で一般的なカップ焼きそばを食べると、やはり飽きが来るのが早いんですが、この「焼きそばモッチッチ」は、お湯で戻した麺とは思えないぐらい生麺っぽい食感なので。

補足として、栄養成分表は以下の通り。409kcalは、カップ麺としては標準的なカロリーですね。塩分もカップ麺らしく、結構多めです。

「真空仕立て麺」に大きな可能性を感じる

と、やや辛めのレビューになってはしまいましたが、この食感は魅力的だし、可能性を感じる仕上がりなので、ぜひこの「真空仕立て麺」をどんどん活用して新商品をリリースしていって欲しいと思います。

by カエレバ

 

これも生麺っぽさが際立っていました。

実食!日清「麺職人」全粒粉入り 匠系の手打ち麺のような食感に感動
カップ麺の新作は毎週のように出ているんですが、正直なところ新しい味というのはそれほど気にならないんですよ。あくまで僕の中でではありますが、トレンドは「食感」ですね。新製法の麺とか、

 - 食欲 , , ,