昆虫飼育ならコクワガタがオススメ。カブトムシはヤバい。

趣味
スポンサーリンク

飼育するならコクワガタ!

IMG_20160510_225023

先日、カブトムシの飼育がいかに苦行かについてのエントリーをアップしました。

昆虫採集、飼育にカブトムシがオススメできない理由
夏の昆虫採集といえばカブトムシが定番ですが、よほど好きでもない限りオススメしません。その理由を紹介します。お子さんと虫を採る、飼う際の参考にしていただければと思います。1.うるさいカブトムシの活動時間は夜間ですが、とにかく...

逆にオススメの昆虫も紹介したいと思います。ずばりコクワガタです。その理由を挙げていきましょう。

スポンサーリンク

1.静か

夜通し暴れまくるのはカブトムシですが、コクワガタはめちゃくちゃ静かです。たまに動いた時も、ゴソゴソって感じで慎ましくてかわいい。癒されるし、愛おしくなって世話してやろうか、という気持ちになります。

2.臭わない

クサい汁を飛ばしまくるカブトムシに対して、コクワガタは無臭です。どこに置いても、異臭で家族の顔が歪むことはありません。加えて、後述しますが、殺し合わないので、死んで腐臭を放つのは寿命で死んだ時だけです。

3.小食

コクワガタは小食です。心配になるほどゼリーが長持ちします。100均のゼリー1袋で、寿命が尽きるまで持つんじゃないでしょうか。週に1度くらい、霧吹きで湿らせてやれば、あとは基本的には放置しても問題ありません。

4.穏やか

ワガママで好戦的なカブトムシは四六時中取っ組み合いのケンカをしていますが、コクワガタはケンカしない(多分)ので、1つの飼育ケースに複数匹飼うことができます。

同じクワガタでも、ノコギリクワガタなんかは好戦的なので、2匹以上いれておくと、無残な姿に変わり果てていることがよくあります。死んだクワガタは次第に腐臭を放つようになるので、発見が遅れると嫌なニオイが家に充満することになります。

コクワガタは寿命で逝くまでそういったことはないので、基本放っておけます。

5.コバエガードも突き破らない

汁も飛ばさず、パワーもないコクワガタは飼育ケースと蓋の間にコピー用紙を挟んでおけば、コバエが発生しても完全にシャットアウトできます。逃げもしません。ただ、小さいので、単に飼育ケースの蓋に隙間があったりすると、そこから逃げる可能性はあります。

コピー用紙を挟んでおけば全て防げるので、あまり気にしなくてもいいと思いますが。

6.脅威の生命力

環境さえ整えてやれば、ほっといても冬を越して増えてくれます。先日もいつのまにか1匹増えてました。

ほぼ放置していた飼育セット内でコクワガタが増えていた件
見失っていた幼虫が……昨年の秋ぐらいからほぼ放置していたコクワガタ入りの飼育セット内で。コクワガタが1匹増えていました。ここには、もう3年目になるコクワガタのオスが、独り寂しく暮らしているはずでした。下のコイツがそ...

しばらく世話を忘れてても生き続けます。捕まえた時に何歳かにもよりますが、2、3年は普通に生きますね。長生きすればおのずと愛着もわくというものです。

図らずもカブトムシを飼ってしまい、卵が生まれたり、幼虫になってしまった場合は、こちらを御覧ください。

カブトムシが卵を産んだらどうするか(飼育の方法、故郷への返し方)
僕は、たくさんの理由からカブトムシの飼育をオススメしていないのですが、カブトムシの人気は高いので、今年もたくさんの方がカブトムシを捕まえ、飼育したんでしょうね。そしてちょうど今頃になると、新たに生まれてしまった卵や幼虫をどうすべきかについて
タイトルとURLをコピーしました