自転車のギアにズボンが裾巻き込まるので対策をする

生活
スポンサーリンク

自転車乗ってるとズボンの裾が汚れるよね

クロスバイク等に乗っていると、避けては通れないのがズボンの裾対策。

裾口が大きめのズボンなどは、クランクギアにひっかかって普通に危ない。そこまで大きくないズボンでも、ギアやチェーンに接触してオイルで汚れてしまいます。

そんな、自転車のギアにズボンの裾巻き込まれ問題の対策をいくつかまとめてみました。

スポンサーリンク

チェーンガード

最初に検討したのがチェーンガードです。

ママチャリでこういう裾対策が不要なのは、クランクとチェーン部分にカバーがついているからですよね。

ならば、同じようなものをつければ、ズボンの裾を気にせず自転車に乗れるはず、という腹積もりです。例えばコレ。

よさげですが、ギアのギザギザがガッツリ裾にひっかかるのは防げても、ズボンの裾は当然ヒラヒラしたままなので接触を防ません。

なので、カバーやチェーン等についた泥とか油汚れまでは防げないんですね。

巻き込みさえ防止できればズボンは汚れてもいいや、というわけにもいかないので、今回は見送りです。

チェーンリングカバーを使う場合は、サイズに注意しましょう。

裾バンド

となると、裾の側をなんとかする方法でアプローチしていくしかないでしょう。一番メジャーなのがこの裾バンドじゃないでしょうか。

まずは、こんな感じで巻きつけるタイプ。

created by Rinker
オーストリッチ(OSTRICH)
¥576 (2020/09/24 16:44:59時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに、100均にも裾バンドは売っていますが、色がドギツいものが多いので選択肢から外しました。

夜道でアピールできるのはいいんですけどね。軍手などもそうですが、どうして落ち着いた色を用意してくれないんでしょうか?w

マジックテープではなく、プラスチックの留め具がついているものもあります。

created by Rinker
KASAJIMA
¥700 (2020/09/24 16:45:00時点 Amazon調べ-詳細)

テープや留め具が面倒という人は、ヘアバンドみたいな形状で、足にはめ込むタイプもあります。

結局買わなかったので伝聞なんですが、このタイプは他にくらべて着脱が格段に楽らしいです。

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥550 (2020/09/24 16:45:01時点 Amazon調べ-詳細)

で、どれがいいか迷ったんですが、マジックテープは剥がす度に、強度が弱まっていくような気がしたので、2番目に紹介した留め具がついているタイプを買いました。

最後のはめ込むタイプと迷ったんですが、輪のサイズ調整が出来ないのと、樹脂製なので意外と早く劣化してポッキリ折れるのでは、という懸念からです。

まあ寿命に関しては、留め具も劣化するだろうし、使用していくうちにゴムがヘタってくるので、大差ないとは思いますが。

長さを調節できるので、いろんなズボンに対応できるんじゃないか、という点が一番の決め手ですかね。

これなら接触が無くなるので、巻き込み、汚れ、共に防止できます。デメリットとしては、乗り降りのたびにつけたり外したりが面倒、という点ですかね。自転車から降りてちょっとコンビニで買い物、ぐらいならつけたままでもいいんでしょうけど。

外した裾バンドはどうする?

外した裾バンドは、サドルやフレームに巻きつけておく派と、ポケットやバッグに入れる派が二大派閥のようです。

裾だけ抜いて、足首に巻きつけたままにしておく人もいるようです。着脱のしやすさ、失くしやすさ、違いはあると思いますが、最終的には個人の好みでしょうね。

家での保管の仕方ですが、玄関のどこかに引っ掛けておくと、出かける時に忘れて部屋まで戻って、どこに置いたか見失って探して、みたいなのが無くなるのでオススメです。

巻き込まれないズボン

これで一応対策はできたんですが、やはり着脱も、家での保管も、いつまで経っても面倒なんですよ。身も蓋もないこと言ってますが、これは仕方ない。

なので、巻き込まない、スリムタイプのズボンを買うのがいいんですが、自転車乗ってる人って、足が太いじゃないですか。

スリムタイプだと、裾は良くても太ももとかふくらはぎがキツいんですよ。

もっと都合の良いズボンは無いものか……今回はその悩みを永遠に終わらせるために探しました。

服を買う時、値段の安いもの、という基準しかない僕がよく行く(と言っても服を買うこと自体年に1,2回なんですが)お店に「G.U.」があります。

ユニクロの弟分みたいな店なんですが、ユニクロよりもさらに一回りくらい安い。

ストレッチ系ズボンが進化してた

そのG.U.の「ストレッチスリムジーンズ」と「ストレッチカラースリムパンツ」が、”これこそ求めていたズボン”という感じでした。その名の通り伸びる素材なので圧迫感が無い。

伸縮性のあるズボンって、数年前まではパジャマの延長みたいな質感のものばかりで、安っぽいわ寒いわで、あまり外で履きたくないタイプの代物だったんですよ。

ところが最近は、普通のジーパンやチノパンとほとんど変わらない質感のものが増えてきました。この「ストレッチスリムジーンズ」「ストレッチカラースリムパンツ」がまさにそれでした。

まず、こんな感じに裾口がタイトです。これなら漕いでいてギアやチェーンに接触することはまずありません。

裾口だけ窄まっていると、モンペやボンタン(大昔のヤンキーが好んで履いていたアレ)のようなシルエットを想像してしまうんですが、この「ストレッチスリムジーンズ」「ストレッチカラースリムパンツ」は上までスリムです。

すでに5、6回くらい履いているのでややくたびれて見えますが、こんな感じ。名誉のために言うと、洗濯した後はもっとピシッとしてます。

その分、ふくらはぎや太ももはキツくなるんですが、ストレッチ素材のお陰で締めつけ感はありません。

お尻のあたりに若干の余裕が作られていて座っても苦しくない(ここ重要)。かといって、肥満がタイツを履いた時のようなムッチリとしたシルエットにもならないんですよ。不思議ですね。

ジーンズタイプは「ストレッチスリムジーンズ」(上の写真の左)を、チノパンのようなものがお好みの場合は「ストレッチカラースリムパンツ」(同右)を選ぶといいでしょう。ちなみに、ストレッチスリムジーンズは2490円ストレッチカラースリムパンツは1990円、ともに税別です。安いですよねえ(注:価格は変動します)。

ユニクロに比べると店舗数も少ないので近くにあるかどうかはわかりませんが、もしあるようなら一度試着しに行ってみてください。普段着でスポーツタイプの自転車に乗る人には特にオススメです。

というわけで、今後は、このストレッチ素材のスリムなズボンを履きつつ、スーツなどの裾ヒラヒラなズボンの時は、裾バンドで止めるなどして、自転車に乗りたいと思います。

(追記)

状況によりますが、ストレッチカラースリムパンツの方は、若干汚れますね。ジーンズの方がオススメです。

タイトルとURLをコピーしました