こやつは上様ではない

その金さんとやらを呼んできてもらおうじゃねえか

不覚!かに玉の素と間違えて甘酢あんの素をふんわり粉に投入。利用できるのか。

   

やっちまいました……
%e4%b8%8d%e8%a6%9a%ef%bc%91
ふんわり粉に「かに玉の素」を混ぜるところ、「甘酢あんの素」を投入……ぼーっとしてたんでしょうね。

さらに不覚!ベーキングパウダーを切らしてた

%e3%81%8b%e3%81%ab%e7%8e%89%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b8
ふんわり粉というのは、ふくらし粉(ベーキングパウダー)+でん粉(片栗粉?)+乾燥ネギで構成されているので、まあ乾燥ネギはともかく、ベーキングパウダーを入れればかに玉はふんわりするわけですよね。

ところがタイミング悪いことに、ベーキングパウダー切れてるんですよね。買わないとなー、と思ってたんですが、使う時に買えばいいやと思って先延ばしにしてたんですよね。いきなり使うものでもないと思ってたんですが、こんなこともあるんですね。

というわけで、かに玉本体に関しては、ベーキングパウダー抜きで作ることにしました。というかそれ以外に方法が無い。

心なしか薄いように……ふんわり粉レスのかに玉

かに玉をイチから全部作る時って、ベーキングパウダー使わないですよね。おそらく料理のテクニックでふんわりさせるんだと思うんですが、僕にはこのテクニックは備わっていなかったようで、心なしか薄い感じに仕上がりました。写真は裏っ返す前の状態です。
%e6%b0%97%e6%8c%81%e3%81%a1%e8%96%84%e3%81%84
今まで「ふんわり粉」に頼り切っていたツケが回ってきた感じですかね。まあふんわりしてるか薄っぺらいかは味の本質ではないので、こちらは大きな失敗はないでしょう。それにしても、もう少し形を丸く整えろよ、って感じですね。

ふくらし粉入りのまま甘酢あんを作るが……

問題は甘酢あんの素です。甘酢あんなんて作ってしまえば、と思うかもしれませんが、こちらは味の本質ですからね。うちの子供たちは、かに玉が好きなんじゃなくて、かに玉の素で作ったかに玉が好きなんですよ。それも、「「かに玉の素」についている「甘酢あんの素」で作った甘酢あんがかかったかに玉」が好きなので、完全にコピーしないと食の進みに影響してくるわけです。

甘酢あんなんて、醤油と酢、砂糖を混ぜて片栗粉を溶いた水でトロミをつければ出来んでしょ、と僕もナメてたんですが、裏の原材料欄を見ると、なんか色々入ってるんですよね。似たようなものは作れると思いますが、完コピはそう簡単ではないでしょうね。子供の舌は敏感だし。

なので、ここはふんわり粉を混ぜてしまったことはひとまず忘れて、この「甘酢あんの素」を使って、甘酢あんを作ってみることにしました。

%e6%80%aa%e3%81%97%e3%81%84%e9%9b%b2%e8%a1%8c%e3%81%8d

うっかり間違えて混ぜてから、すでに5分くらい経過しているでしょうか。趣きが変わって、なんかシュワシュワしてますね。怪しい雲行きですが、異変は見ないふりをして甘酢あんを作っていきましょう。

ふんわり粉と甘酢あんの素だけではトロミがつかないので、片栗粉を入れてやることになります。水加減は後から調整できるので、やや多めにしておきます。この状態でも、気泡が次々と生まれてるんですが……。

%e7%89%87%e6%a0%97%e7%b2%89%e3%81%a8%e6%b0%b4%e3%82%92%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%81%a6

気にせず弱火で加熱していくと……うわっ!

%e3%81%aa%e3%82%93%e3%81%8b%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%af%ef%bd%9e%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%9f

これ別に、片栗粉が多いわけじゃないんですよ。温度が上がってくると、こんな感じでジュワ~って膨らんでくるんです。

見た瞬間、「これをかけたら、かに玉が台無しになる」という啓示が降りてきました。

それでも味が甘酢あんと変わらないのなら……と味見をしてみたんですが、苦いですね。ふんわり粉は、多少混ぜものをして苦味やニオイをマイルドにしているとは言え、主成分はやはり重曹ですからね。あんかけに混ぜたら苦くなるのも納得です。

結論:甘酢あんの素+ふんわり粉=ゴミ

ということで、甘酢あんの素とふんわり粉を混ぜてしまうと、もう美味しい甘酢あんにはならないですね。2つが触れ合った瞬間にゴミになるので、さっさと流してしまいましょう。

やむを得ずあんを自作

結局あんは自作しました。裏の原材料欄から解析すると、酢、醤油、水、砂糖、中華だし、ごま油、この辺を合わせて煮立たせ、片栗粉を溶いた水を入れてトロミをつける。味の加減が心配でしたが、子供たちは特に気にせず食べてました。ひとまず成功ということですかね。

でも、こんな感じで甘酢あんを調合する手間を考えたら、もう1袋開けちゃっても良かったのかな、とも思いました。かに玉の素だけ余らせると、次に作る時に結局甘酢あんを自作することになるので、かに玉本体は倍増することになりますが。まあ、甘酢あんって味が濃い上に余りがちなので、卵3個でも卵6個でも、変わらず味つけしてくれると思います。

ということで、かに玉の素でかに玉を作る時、うっかり甘酢あんの素とふんわり粉を混ぜてしまった時は、躊躇うことなく捨てて、甘酢あんは自作する、もしくは、もう1袋かに玉の素を開けるべき、というのが、今日の失敗から得た教訓でした。

今後の人生のうちで、再び使うかどうかも怪しいレア教訓ではありますが……。

 - 食欲 , , ,