こやつは上様ではない

その金さんとやらを呼んできてもらおうじゃねえか

究極の食器洗い用ビニール手袋「ビニスターマリン」で家事が楽チンに

      2016/11/29

作業用の手袋が好きなんですよ。例えば天然ゴムのすべり止めがコーティングされた軍手。摩擦力のお陰で、素手の時に比べて、持てる重さが格段に上がります。

荷物運ぶ作業を素手でやってる人とか見ると、トレーニングのためにあえて苦行を自らに課してるのかな?、と尊敬してしまいます。

作業用手袋はまさに魔法の道具

草むしりにしろ、自転車に乗る時にしろ、用途にあった手袋を装備することで作業が格段に楽になったり、手を汚さなかったりと、メリットがたくさんあるんですよ。

よくRPGとかで手袋をはめて、能力が上がったり、特殊効果があったりするじゃないですか。もうあのまんまです。力が5上がったり、冷気攻撃を無効にしたり。

しかも安い。そして即効性がある。買ってきてはめればすぐに効果が得られますからね。同じ効果を素手で得ようとしたら、ハンドグリップでどんだけ握力鍛えなきゃいけないの、って話ですよ。

究極の食器洗い用ビニール手袋「ビニスターマリン」

まあ軍手愛はこれぐらいにして、タイトルの話題に戻ります。みなさん、食器洗いの際は何かしらビニール手袋をはめていると思いますが、僕は色々試してみて、このTOWA「ビニスターマリン」が究極だという結論に達しました。こんなパッケージです。
%e3%83%93%e3%83%8b%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b8%e8%a1%a8
「うす手」とありますが、使ってみると、ちょうどよい感じです。薄過ぎて破れやすいこともないし、厚過ぎて触覚が鈍ったり、細かい作業が出来ない、ということはありません。
%e3%83%93%e3%83%8b%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e8%a3%85%e7%9d%80%e6%89%8b%e3%81%ae%e7%94%b2
装着するとこんな感じ。パッケージにもあるとおり、指と手のひらの部分にすべり止め加工が施されているので、泡ですべり易くなった食器もしっかり握ることができます。

ビニール手袋ではもはや標準装備となった感がありますが、しっかり袖も長いです。普通に食器を洗っていれば、内側に水が入り込むことはないでしょう。

内側の摩擦力が高すぎて、着脱が面倒なビニール手袋もありますが、この「ビニスターマリン」は内側がサラッとしているので、着脱もスムーズです。

ゴワつきは無く、自然な感じで伸縮するので、素手のような感覚で指の曲げ伸ばしができます。逆にゴワつきを感じたら交換のタイミングです。朝晩の食事の後+ちょっとした洗い物で、毎日3、4回ぐらいは使いますが、数ヶ月は持ちます。

3双パックで税込み300円ちょっとですから、1年でその程度と思えば、かなり安いんじゃないでしょうか。といか、あまり長く使い過ぎると内側が不衛生になるので、数ヶ月スパンで交換するのがちょうど良いかと思います。

ところで、手袋はサイズが命です。大き過ぎて手袋と手の間に隙間がありすぎると、ダブついて本来の性能を発揮できなくなるので、サイズはやや小さめのものを選びましょう。ピッタリよりも小さめの方が、使い心地がいいと思います。これはビニール手袋に限らず、すべての作業用手袋に言えることなので、覚えておくと何かと役に立つと思います。

組み合わせることで庭仕事などにも有効

さらにこのビニスターマリン、食器洗いだけでなく、草むしりなどの庭仕事にも使えます

土いじりって、普通の軍手はめてても、手が汚れるじゃないですか。しかも、洗っても洗ってもなかなか落ちないんですよね。爪の間に入った土はもちろん、肌にこびりついた泥汚れとか。

でも、防水性があって、泥水を通さないタイプの手袋って、ツルツルしているものが多いので、力が入らない。あと、すぐに破れます。ちょうどしないんですね。

しかしその、防水性とグリップ力、耐久性の3つをすべて満たす方法があるんですね。重ね着です。まずこのビニスターマリンをはめてから、天然ゴムやニトリルコートの摩擦力の高い手袋をさらにはめることで、手が一切汚れず、しかもグリップ力のある手袋になります。

防水かつグリップ力のある手袋もあるにはあるんですが、比較的高額なことや、洗うのが大変、といった課題がいくつかあります。あと、庭仕事にはつきものの、木の枝による破れといったものに対する耐久性も、重ね着のほうが高いです。

草むしりをしたら、軍手を脱いで、外側の天然ゴムの背抜き軍手は洗濯、内側のビニスターマリンは、表面についた泥を流すだけ、という感じで後片付けが非常に楽になります。手は、多少汗はかくでしょうが、泥汚れ等は一切無し。作業後の手洗い時間を大幅に短縮できる上に、肌にもやさしいです。

とまあ、この「ビニスターマリン」、食器洗いに庭仕事にと大活躍すること請け合いなので、次にビニール手袋を買う時は、検討してみてはいかがでしょうか。ちなみに、通販でこれだけ買うと送料がかかるので、まとめて買うか、リアル店舗で買うのがオススメです。僕はワークマンで買ってます。

by カエレバ

 

この記事でなんども登場している背抜きの天然ゴム手袋はこんな感じのヤツです。こちらもホームセンターやワークマンで売っているので、サイズを見ながら吟味してみて下さい。何をやるにしても、格段にパワーアップしますからw

by カエレバ

 

究極の食器洗い用ビニール手袋「ビニスターマリン」で家事が楽チンに
作業用の手袋が好きなんですよ。例えば天然ゴムのすべり止めがコーティングされた軍手。摩擦力のお陰で、素手の時に比べて、持てる重さが格段に上がります。 荷物運ぶ作業を素手でやって

 - 生活 , ,