昆虫採集、飼育にカブトムシがオススメできない理由

趣味

夏の昆虫採集といえばカブトムシが定番ですが、よほど好きでもない限りオススメしません。その理由を紹介します。お子さんと虫を採る、飼う際の参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

1.うるさい

カブトムシの活動時間は夜間ですが、とにかくウルサイです。

まず、よく動くのでガサガサうるさい。

昆虫ゼリーをむさぼる(舐めてるだけらしいですが)音もうるさい。

さらに、どんなに狭い飼育ケースでも、ガンガン飛ぶのでブンブンうるさい。

飛んで上蓋にぶつかる音もウルサイです。

さらに、交尾中もオーバーアクションでギリギリギリギリうるさい。

2013-07-31 22.06.18

スポンサーリンク

2.くさい

カブトムシはおしっこ?のようなものをしょっちゅう飛ばします。これがクサい。

このニオイはまさにカブトムシのニオイというやつで、雑木林で匂ってきたら近くにカブトムシがいる証拠です。

採集している時なら嬉しいニオイかもしれませんが、これが家に充満するともう我慢できません。

しばらく飼育すると、ケースの中が見づらくなってきます。

これは、この汁が内側から繰り返し繰り返しひっかけられた結果です。

いちいち中のものを取り出して洗うのも面倒だし、そもそも土や朽木、餌場などもこの汁に汚染されるので、カブトムシを手放すその日まで、このニオイとは付き合わなければなりません。

2013-08-05 08.07.37

3.めちゃくちゃ食うし、食えないとすぐ逝く

すげー食うので、エサやりが面倒な上にエサ代も地味にかかります。

1匹で1日1カップは消費します。かなり荒々しく食べるのでゼリーをひっくり返して土にぶちまけるので全部食べてるかどうかは分かりませんが。

ぶちまけを防止するためにゼリーの蓋を開けずに針で小さな穴を開けて置いておくのですが、翌朝には蓋を突き破って空っぽのカップに顔を埋めています。

100円で30カップぐらい買えるので金銭的なコストはそれほどでもないです。

ただ、アイツらはゼリーが無くなると結構あっさり死ぬんですね。しょんべんばっかりしてるから水分が足りなくなるのでしょうか?

面倒なのは旅行などで長く留守にする場合です。

カップをたくさん入れておけば安心、という訳でもないです。あればあるだけ食べたりぶちまけたりするので。

ありったけのゼリーをセットしていくことになるかと思います。

2013-08-04 02.13.58

4.コバエガードを突き破る

昆虫を飼うと、飼育ケースにコバエがわいてくることが結構あると思います。

これを防ぐためには、飼育ケースと蓋の間に空気穴の空いたシートをかぶせるのが有効です。ところが、カブトムシはこのシートに食らいつき、ズタズタに引き裂きます。

そこで、食らいつけないようにコピー用紙をかぶせたのですが、今度は例のションベンで弱らせて突き破ってきます。

さらに凶暴なヤツになると、このコバエガードを足がかりに、飼育ケースの蓋についてる透明のパカパカ開く部分(あれ、有効活用している人どれくらいいるんでしょう?)を押し開けて脱走します(笑)

家中を縦横無尽に飛び回り、汁をそこら中に撒き散らす……想像したくもありません。

2013-07-27 21.05.27

というわけで、カブトムシの飼育はツラいことばかりです。

人気の昆虫なので、お子さんにせがまれることも多いかと思いますが、そこは大人の知識と経験を総動員して、コクワガタへと誘導しましょう(笑)

コクワガタの魅力については、こちらをごらんください。

昆虫飼育ならコクワガタがオススメ。カブトムシはヤバい。
飼育するならコクワガタ!先日、カブトムシの飼育がいかに苦行かについてのエントリーをアップしました。逆にオススメの昆虫も紹介したいと思います。ずばりコクワガタです。その理由を挙げていきましょう。1.静...

図らずもカブトムシを飼ってしまい、卵が生まれたり、幼虫になってしまった場合は、こちらを御覧ください。

カブトムシが卵を産んだらどうするか(飼育の方法、故郷への返し方)
僕は、たくさんの理由からカブトムシの飼育をオススメしていないのですが、カブトムシの人気は高いので、今年もたくさんの方がカブトムシを捕まえ、飼育したんでしょうね。そしてちょうど今頃になると、新たに生まれてしまった卵や幼虫をどうすべきかについて
タイトルとURLをコピーしました