アタマジラミ発見から原因究明、そして駆除までの記録~3日で退治へ

生活
スポンサーリンク

子供がアタマジラミをもらってきたら

蒸し蒸しした嫌な天気が続きますね。この時期は子供がアタマジラミをもらってくることがあるので、注意が必要です。

去年、うちの息子もアタマジラミをもらってきたので、撲滅までの闘いの記録をここに紹介したいと思います。

ちなみに、一度対処法を知ってしまうと、アタマジラミは怖くありません。学校など集団生活をしている以上、もらってくるのは防ぎようがありませんが、大発生、家庭内での蔓延は予防できます。

スポンサーリンク

アタマジラミ発見

去年の7月頃、お風呂上がりに息子(当時小3)の髪を乾かしていた妻が、怪訝そうな面持ちで呟きます。

「なんか虫がいる……」

息子の髪についていたという小さな粒を近くでみると、確かに手足のついた小さな小さな虫でした。ネットで調べると、アタマジラミだということが分りました。

(参考)

個体によって微妙に形が違って見えたりするので、断定するのに時間がかかったんですが、大体上の動画のような形です。かなり小さいですが、肉眼で足が動くのが見えるぐらいには大きいので、よく見えない時は、ティッシュの上などに載せると観察しやすいと思います。

一度見つけると、あとはどんどん見つかります。息子の頭にはすでに無数のアタマジラミが住み着いていました。

アタマジラミ調査 ~脅威の繁殖力

アタマジラミの大発生なんて一度も経験したことがなかったので、なぜ住み着いているのかも、どうすれば駆除できるのかも、一切見当もつきません。

息子は毎日風呂に入っていたし、特別不潔にしていたわけでもないのに……心当たりはありませんでしたが、至らない点があったのかな、と親として責任を感じたりもしました。

で、さっそくネットで調べてみると、この蒸し蒸しした季節や、運動会などの行事で子供同士の接触が増える時期には、幼児や小学生の間で、アタマジラミがよく流行するんだそうです。

ちなみに不潔さとは関係ないとのこと。僕ら親のせいでも子供のせいでもないんだ!と少しホッとしました。

アタマジラミは繁殖のサイクルが非常に短いらしく、成虫は1日に5~8個ほどの卵を産み、卵は7日で幼虫に、さらに10日で成虫になるそうです。この成虫は1ヶ月ほど生きるとのこと。

気付かずに放置していると、1匹のアタマジラミは40~50日で150~240匹に増えるというわけです。さらにこの期間にも新しいアタマジラミが生まれ、その成虫が新しい卵を産むわけで……ちょっと想像したくないですね。

アタマジラミがいると分かってしまうと……”1秒でも早く駆除しなければ、布団や枕がアタマジラミの卵で満たされてしまう”とか”すでに他の家族や自分の髪の毛にもいるかもしれない”……的な考えが頭にちらつき、なんだか頭がむず痒くなってきました。

ボリボリ掻きむしりながら対処法を調べました。

注文 ~注文から配達までわずか半日

で、対処法ですが、スミスリンシャンプーという、アタマジラミを駆除するためのシャンプーがあるとのこと。

created by Rinker
金鳥
¥2,374 (2020/10/28 06:42:07時点 Amazon調べ-詳細)

無数の虫に対しては、薬物でお手軽に一掃したい、と考えてしまいますが、このスミスリンシャンプーは、残念なことに卵には効かないとのこと。

しっかりと洗えば幼虫や成虫は駆除できるので、卵の供給は一旦ストップします。

ただ、卵は日々孵り、幼虫が生まれるので、一定期間続けないと完全駆除はできないとのこと。結構高いし、面倒ですよね。

それよりは、駆除用の専用クシで物理的にこそげ落とす方が、即効性があるということを知りました。

なんだか原始的であまりスマートな感じはしないですが、薬剤を使い過ぎるのもそれはそれで不安だし、毎日専用シャンプーでは思ったよりも面倒なので、こちらの方法に賭けてみることにしました。

スミスリンシャンプーは消耗品ですが、クシはずっと使えますしね。たびたび流行るようなものだとしたら、今後またもらってくる可能性があるわけで。

で、買ったのがこのニットフリーコーム(ニットピッカーフリーコームに名前が変わったらしいです)です。

IMG_20160715_080608

プラスチック製のものと金属製のものがあるのですが、こっちの金属製の方が隙間も狭いし、硬いのでよく取れるんだそうです。伝聞なのは、プラスチック製のほうは使ったことが無いからですね。最初にこちらにして大正解でした。

created by Rinker
ソルドジャパン
¥2,545 (2020/10/28 06:42:40時点 Amazon調べ-詳細)

プラスチック製のものは、中途半端にしか取れないので、完全駆除するのが難しいらしいんですね。なので、効果の高い金属製のもので集中的に駆除してしまうのがいいんだそうです。

余談ですが、1秒でも早く手に入れたい一心で、当時無料体験期間中だったamazonプライムに登録して、お急ぎ便を使いました。注文したのは土曜の夜でしたが、お急ぎ便なら日曜に、通常便なら月曜に届くということだったので。

対処が1日でも遅れるのが嫌だったんです。その間も増えるわけですからね。

対処 ~3日で駆除。あっさり収束へ。

翌日といっても、届くのはおそらく夜だろう、と思っていたんですが、なんと昼過ぎに届きました。お急ぎ便サマサマですね。

使い方は簡単で、このクシで、髪を根本から丁寧に、何度も梳いてやるだけです。アタマジラミの成虫も卵も肉眼で見えます。最初のうちは、おもしろいほどポロポロ取れるので楽しいですよ。

同居する家族は全員梳いたほうがいいです。ちなみに我が家では、髪の毛の短い僕以外は全員、アタマジラミを飼っていました。最初に見つかった息子以外は、それほど多い数ではなかったので、移住してまだ間もなかったのかもしれませんが。

で、取れた成虫や卵がまた髪の毛に戻らないように、梳くたびにティッシュなどで拭き取ってやりましょう

最後に水洗いして卵や成虫を完全に取り除いたら、水気を拭き取ります。

濡れたままだと錆びる可能性があります。

風呂あがりに、取れなくなるまで念入りに梳く、というのを毎日繰り返せば、期間に個人差がありますが完全に駆除できます。

うちの子は3日目には成虫も卵も一切ひっかからなくなりました。「闘いの記録」とか最初に言いましたが、意外とあっさり駆除できましたね。

この目の細かいコームを使うと卵も一緒に駆除できるので、理屈の上では、スミスリンシャンプーよりも短期間での駆除ができるはずです。その分、ムラなくすべての髪の毛をとかさなければなりませんが。

駆除後も、蔓延予防のために定期的に梳いてます

で、駆除後も、定期的にこのクシで梳いてやっています。またもらってきても、これを続けていればすぐに見つけることができますからね。

あれから、アタマジラミはわいていません。仮に見つけても、一度完全駆除しているので、もう狼狽えることはないと思いますが。

保育園や幼稚園、小学校と、10年近く密接な集団生活を送れば、いつもらってきてもおかしくないわけですから、お守り替わりに1つ用意しておくといいかもしれません。

チェックもできますしね。あと、大事なことですが、別に不衛生などが原因ではないので、自分を責めたり、アタマジラミがわいた子やその家族を悪く言ったりするのはやめましょう!

1日も早く届いて欲しいという人は、amazonプライムに登録してお急ぎ便を使うといいと思います。初めての場合、無料で1ヶ月ほど試すことができる場合があります(キャンペーン期間中のみ)。また、お急ぎ便はamazonプライムに登録していなくても、追加料金を支払えば利用できるので、そちらを利用するのもいいでしょう。

参考サイト
横浜市保健所 健康安全部 生活衛生課 アタマジラミについて

タイトルとURLをコピーしました