こやつは上様ではない

その金さんとやらを呼んできてもらおうじゃねえか

新型コロナ渦のなか、宇宙船サジタリウスをふと思い出し、久々に見る

   

宇宙船サジタリウスというアニメが子供の頃放送されていて、細かい内容は覚えていないものの、毎週ドキドキワクワクしながら見ていた、ということは覚えています。先日、こんなツイートを見かけてふと思い出したんですね。

宇宙船サジタリウスの原作者Andrea Romoliさんはイタリア人で、今まさに新型コロナ禍の渦中におられます(我々もですが)。このイラストを見て、子供時代に一瞬で引き戻されました。いや、原作のマンガは読んだことはなくて、表紙の画像を見た程度ですけどね。

アニメのストーリーは、宇宙を舞台にした冒険モノですが、主人公たちが特に優れているというわけではないためピンチの連続で、とにかくハラハラしながら見ていました。行く先々の星の文化に触れる、民俗学的なテイストもあって、宇宙旅行をしているような気分で見ていたことも覚えています。

アニメのストーリー等はほぼオリジナルらしいのですが、Andrea Romoliさんはこのアニメのクオリティに満足しているそうです。続編、というか原作とその続編のアニメ化のオファーも待ってるとのこと。めちゃくちゃ見たいッス!

「宇宙船サジタリウス」30年越しのアニメ誕生秘話! 最新作も執筆中? イタリア人原作者・ロモリ氏【インタビュー】

このインタビュー記事を読むと、ロモリさんは土星探査船の光学センサーや分光器などの設計にも携わっていたそうで、ガチの科学者だったんですね。日本のアニメのストーリーも好きなんですが、そんなガチの物理学者が描いた原作がどんな内容だったのか、ますます気になります。イタリアのAmazon?とかで原作本が買えるなら、買ってみようかな……辞書と一緒に。

ちなみにアニメですが、Dアニメストアで全77話、配信されています(2020年3月現在。配信ラインナップは随時変更されるので、今現在配信されているかどうかはサイトで確認を)

こんなご時世で家にいることが多いので、僕もゆるゆると見返してみようかなと思います。77話もあるので、全部見るのにどれだけかかるか分かりませんが。

20年近く前にDVD化された時に近所のレンタルで借りて見ていたのですが、最後まで見る前に引っ越して。で、新居のそばのレンタルショップには置いてなかったので、それっきり断念してたんですよ。今回は完走できるか……。



 - エンタメ